クリニックの特徴

治療方針

方針イメージ


1.子供から大人まで診療します。お気軽にご相談ください。

  子供から大人まで、健康について何でもご相談ください。
  皆様のかかりつけ医として幅広く診療を行います。
  たとえば、内科だけでなく、皮膚の炎症から、子供の予防接種、大人のがん検診に至るまで、
  遠慮なく気軽にご相談ください。かかりつけ医として幅広い診療をいたします。
  (日本内科学会認定内科医・総合内科専門医です)

2.消化器内科の専門的診療も行います。
 
  胃カメラ・大腸カメラ・腹部超音波検査、肝臓のウイルス療法などの診療が可能です。
  胃カメラは、直径わずか5mm程度の細いカメラを使用し、口からだけでなく、鼻からの
  カメラも可能です。鼻からのカメラは、検査中に会話もでき、吐き気が起きにくい検査です。
  胃もたれ、胸やけ、胃潰瘍や胃癌、ピロリ菌についてなど、気になることは遠慮なく相談
  ください。

  大腸カメラは、大腸がんや大腸ポリープの診断を行います。便の検査(大腸がん検診)で異常
  があった方、便に血が付く方、便秘、下痢でお悩みの方など、ご相談をお受けします。女性に
  多い便秘については、下剤・漢方薬などで治療を行います。

  胃カメラ・大腸カメラともに、鎮静薬の使用により、軽く眠った状態での検査も可能です。
  院長は、消化器内視鏡専門医・指導医であり、吐血や下血、食道・胃・大腸の早期がん・
  ポリープに対する豊富な内視鏡治療の経験があります。
  1万件を超える内視鏡経験を有しており、カメラ検査についてお気軽にご相談ください。

  肝臓に関しても、脂肪肝から肝炎ウイルス治療までご相談をお受けします。
  当院は岡山県肝炎一次専門医療機関に指定されています。
  ご家族様に肝炎ウイルス感染の方がいらっしゃる方、肝炎検査を一度も受けていない方、輸血
  を受けたことのある方など、肝炎検査の相談、B型肝炎の予防接種についてなどご相談くだ
  さい。

 

3.予防接種・健康診断・がん検診に積極的に取り組んでいます。

  子供の予防接種から大人のインフルエンザ予防接種まで、ご家族様そろって予防接種や診察を
  行います。
  各種がん検診、定期健診などにも力を入れています。
  院長は産業医であり、企業様の健康診断業務や、講演などを通じた健康増進の啓蒙などの
  お手伝いもできます。


治療の流れについて

  • 問診

    問診票兼診療申込書に記入をお願いします。現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。必要に応じ体温や血圧などを測定します。スタッフが詳しい問診をお尋ねします。保険証確認をさせていただきます(保険証をご持参ください)。

  • 医師の診察

    診察室にて医師が診療を行います。患者さんに寄り添う、丁寧な診察を心がけています。心配なことがあれば、遠慮なくおっしゃってください。

  • 検査・治療

    必要に応じ、採血、尿検査、心電図検査、レントゲン検査、内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)、超音波検査(肝臓・胆嚢・膵臓など)を行います。
    点滴や注射、喘息の患者さんのネブライザー吸入など、患者さんの病状に適した治療を行います。ゆっくり横になってお休みになりながら、点滴を受けることのできるベッドも用意しております。

    診療内容の説明・次回のご予約

    診療結果について丁寧にご説明します。わからないことは遠慮なく聞いてください。次回診療予約をお取りいただき、帰宅となります。バスやご家族の迎えがある方など、診察後は当院待合室でゆっくりとお過ごしください。